毎日のお参りが感動になる魅力的なお仏壇! 洋間にもマッチするスタイリッシュな最新デザインのモダン仏壇やミニ仏壇なども含め日本製の高品質で最新技術工法で造くられた家具調仏壇など品数豊富な通販店です。

店長日記

こんにちは!店長の吉田です。

あなたのお仏壇選びやご供養のお手伝いをさせて頂きたいと考えております。

安心して良い品をお値打に買いたい方のためのページです。

店長日記はこちら >>

携帯ページ

トップページ»  コンテンツ»  お盆ページ

お盆ページ

 
 
  初盆

 中陰(四十九日)が明けてから初めてお迎えするお盆を初盆と言います。
 初盆には、盆棚を作り、故人のお位牌をおまつりし、お供物やナスの牛、キュウリの馬
 をつくり、提灯やタイマツを灯し、故人をお迎えします。
 お坊様に来て頂き棚経をあげて頂き、家族を中心に親類縁者が故人を偲び供養をし
 ます。

 お盆の明けには、送り火を焚き精霊送りにて霊界へお見送りします。
 

 お盆には故人が霊界から帰ってくるという思想に由来しており、キュウリの馬に乗り早
 く我が家に戻ってきて、帰りはナスの牛に乗ってゆっくり戻って欲しいという想いが込め
 られています。
 その際に、道に迷わない目印となるように迎え火として、タイマツや提灯を灯し、お盆
 明けには送り火を灯すのが慣わしになっています。

 東濃西部では、お盆の入りを7月12日か13日、明けを15日か16日としており、
 多治見地区では7月15日に多治見橋周辺に於いて精霊送りを行っています。
 (専用の精霊送り行灯がありますので市内の菩提寺様もしくは当店にてお求め下さい。)
 

 ご用意する物
 ◎盆棚 ◎盆提灯 ◎たいまつ 
 ◎すやき皿(迎え火送り火用) ◎麻木のはし
 ◎キュウリの牛・ナスの馬(ワラ製、スチロール製) ◎ハスの葉(塩ビ製) ◎まこも

 ○お供え ○おだんご ○料理
 

一般的な精霊棚

 

 
 
  盆棚の飾り方
 
 ・お仏壇の前に台を置き盆棚とします。
 (適度な大きさの台があれば清潔な白い布を掛けて代用して頂いても良いです)
 ・台の上にまこもを敷き、その上にハスの葉(桐の葉)を敷きます。
 ・お位牌様をお仏壇から出して台の上に置き、お仏壇を閉じます。
  (閉じない場合もあります)
 ・花立(ほおずき入り生花)、火立て、香炉、キュウリの馬、ナスの牛、御供え物を用意し 
  ます。
 ・毎食事時3~5品の料理、10時3時におやつとして季節の精進物をお供えします。
  ※ 各家庭や地域によって内容やお供えの仕方が違います

 
    お施餓鬼 
 
 お盆の期間中に菩提寺に伺い供物やお布施を行い、施餓鬼旗や塔婆を頂きます。
 これは、お釈迦様の弟子で目蓮尊者という高僧が、亡き母を餓鬼道から救うため、お
 釈迦様の指示通りに僧たちに供物をささげ供養したところ、苦しんでいた母が無事に
 救われたという伝説に由来しています。
 
 
 
地域のお盆スケジュールは概ね下記の日程となっておりますが、
お施餓鬼や棚経の日程と合わせて各菩提寺様にご確認して下さい。
 

 多治見市 
 7月12~15日
 (7月13日~16日)

土岐市 土岐津・泉・肥田 
   
 7月13日~16日

土岐市 妻木・駄知
 8月 1日~ 3日
 (7月31日~ 3日)

土岐市 曽木
 8月13日~16日
 
 
地域の習慣 初盆108本のローソク
 
地域に脈々と続く伝統的行事を         
      ご先祖様の想いと共に大切にしていきたい!
 
一部地域では初盆に墓地にて108本のローソクを献灯します。
しかし、108本のローソクを立てる蜀台は販売されていません。
何度かお客様からお問い合わせを頂き、
ご要望にお応えしてこのたび製作しました。
 
サイズ
30センチ×40センチ